JELADOの新しい大戦モデル「S301XX」「S407XX」が2021年7・8月発売

JELADO(ジェラード)が7月デニムジャケット、8月にパンツの大戦モデルを発売します。

2020年に発表した「LAST RESORT」生地を使用した、新しいモデルです。

デッドストックの501XXを解体して完全再現を試みたこの生地は評判が良く、私も絶賛育成を楽しんでいる1本。

別のシルエットを穿いてみたいと思っていたので、非常に愉しみなモデルです。

JELADO 大戦モデル「S301XX」「S407XX」

https://www.instagram.com/jelado_official/

「大戦モデル」の魅力とは何か。

そのこたえはロットごとに宿る圧倒的な個性。
つまり度を越した個体差であるとJELADOは思っています。

昨年リリースしたJELADOの301XXがモチーフとした通称47モデルは
501XXの中でも非常に完成度が高く
ロットによる個体差や年式によるディテールの違いは
マニアだけがわかる深淵な領域ではありますが
大戦モデルは知識ゼロの方が見てもわかるほどの個体差がある。

要は再現するにしてもどの個体をベースにするのかによってアウトプットが変わる、
つかみどころがないモデルと言っても過言ではないわけです。
だからこそロマンがあり世界を魅了し続けているのでしょう。

大戦モデルは”Simplified”を意味する”S”を冠して
“S501XX”という品番で501XXの派生モデルとしてリリースされていましたが
LEVISのブランドアイデンティティであるバックステッチを排除したり
既製品である月桂樹ボタンを採用していたりと
考えようによっては501XXの系譜からある意味外れた
これ単体で完成されたジーンズとも考えられることも魅力のひとつではありますが。

さて、前置きが長くなりましたが
501XXのデッドストックを切り刻んで開発した
オリジナル生地”LAST RESORT”を使用した
JELADOオリジナルの大戦モデル”S301XX”を2021年8月末頃にリリースします。

S501XXの本質的な魅力に敬意を表して
今回リリースするモデルはあえて定番にはせず
1年に1度ベースとなる個体を決めて、
「その個体」を再現・リリースする周年企画にしようと思っています。

また、同時期に生産されていたとされる大戦モデルのデニムジャケット”S407XX”もリリースする予定です。

リリースするモデルがどのようなアウトプットになるのか
さらに少し気が早いですが、来年・再来年にリリースするモデルが
どのようなアウトプットになるのか、ぜひ楽しみにしていてください。

S407XX:7月上旬リリース。
¥38500(Include Tax)

S301XX : 8月下旬リリース。
¥33000 (Include Tax)

https://www.instagram.com/jelado_official/

 

created by Rinker
¥25,300(2021/07/24 14:13:14時点 楽天市場調べ-詳細)