リーバイスレッド「Levi’s® RED」新作 – Perfumeを起用し、サステナブルなコンセプトで展開

まさかまさかの「Levi’s® RED(リーバイス レッド)」が復活、いや本格的に再開といった方がいいのでしょうか。

そもそもリーバイスレッドが終わったラインからどうかがよく分かりませんが、とにかく本腰を入れて再開するようです。

リーバイスレッドとは

若い方にはその存在すら知られていないですが、1999年にリーバイスヨーロッパのプレミアムラインとして「Levi’s RED(リーバイス レッド)」は誕生。

リーバイスレッド

ワークウエアとして誕生し、その延長線上のファッションアイテムとして愛されてきたリーバイスのデニムとは全く異なるコンセプトで、当時としてはかなり斬新な立体裁断デニム、サルエルパンツなどを発売。

ワークウエアとしてのディティールは使いつつ、品のあるデニム生地やシルエットはデザイナーズブランドの趣があるラインでした。(マルジェラもデザインに関わっていたそうです)

今回のリーバイスレッド

2003年に発表したワークウエアにインスパイアされた「Levi’s® RED」を、現代にアップデートしました。
革新的なコンセプトやデザインを踏襲しながらサステイナブルな素材と、新しいシルエットと、柔らかな着心地へと進化しました。 - (Levi’sサイトより)

「全デニムアイテムには、コットナイズドヘンプやテンセルなどサステナブルな生地を採用する」

リーバイスはアメリカサイトで中古のデニムと販売したり、現在のビジネス不可欠な「サステナブル(持続可能性)」の方向に積極的。

ユーズド加工をより積極的に採用するなど、通常のリーバイスとはまったく違うコンセプトでの商品展開になりそうですね。

ラインアップは「ウィメンズ27 型、メンズ39 型、小物3型」とのことで、意外とメンズにも注力してくれるようです。

Perfume(パフューム)を起用

リーバイスレッド再開のキャンペーンには「Perfume(パフューム)」を起用。

キャンペーン動画の音楽は、ボアダムス(BOREDOMS)やOOIOOで活動する「ヨシミ(YoshimiO)」が担当。新作の「リーバイス レッド」を着用したパフュームが踊る姿が印象的です。

恐らく価格もそれなりに高額でしょうから、デニムを穿かなくなったF2層をメインターゲットにした商品構成なのかもしれまん。

「リーバイスレッド」は公式オンラインストアで1月25日から予約受付を開始。29日から全国のリーバイス ストアなどで店頭販売します。