バランスが取れた生地感とタイトシルエット – ダブルワークス スウェット

ダブルワークス ブランド

ダブルワークスといえば、ウエアハウスのセカンドライン的なブランドとして親しまれてきましたが、2015年あたりから「三恵メリヤス」という、ダブルワークス製品を作っていた会社さんにブランドが譲渡されています。

とはいえ、ウエアハウス時代の流れを汲んだまま、クオリティが高く、リプロダクトに固執しない個性的な製品を多く生み出しています。

ダブルワークス スウェットの特徴

ダブルワークスのスウェットの特徴は、過剰なビンテージ志向ではないことだと思います。

ビンテージ的なパーツや丸胴などの製法を守りつつ、デイリーウエアとして着やすさを残している。贅沢な普段着ブランドといえるでしょう。

ダブルワークス 前Vスウェット

前Vのガゼット、ひび割れたラバープリントなど雰囲気があります。

生地・プリント

生地は中厚で、柔らかいながらも、シルエットが崩れないハリがあります。

ダブルワークス スウェット生地

個人的には生地が厚すぎると着疲れするので、これぐらいがちょうどいいです。

また柔らか過ぎないので、長年来ても生地があまりくたらない。デイリーウエアとして、ベストなバランスだと思います。

プリントの雰囲気が素晴らしいです。

柔らかいながらも、ハリがある生地。

染み込みプリントもキレイで、若干のカスレ感が絶妙なバランスです。

残念ながらガゼットははめ込み式でないですが、価格からしても十分な作りだと思います。

シルエット

モデルによっても違いますが、基本ラインはアーム細めでタイトなシルエットです。

着丈は他のリプロダクト系の製品より長めです。

ダブルワークス スウェット シルエット

アームが細いので、着ているとシワが入ります。個人的にはもう少し太ければ最高なのですが、スポーツウエアと考えるとしょうがないですかね。

ダブルワークス スウェット生地

白はラグラン、ネイビーは前Vモデルですが、大体同じようなシルエットです。

サイズ感

174cm 65kg でLサイズ(40-42)を着用。実寸は身幅53cm、着丈64.5cmです。

ダブルワークス スウェット サイズ感

身幅はほどよいフィット感で、肩とアームがややタイトです。

着丈は長めですが、ちょっと動くと後ろの裾が持ち上がります。

これは肩周りがタイトなので、動くと上に生地が引っ張られるのと、裾のリブとボディの境目が平行になっているからでしょう。

ビンテージ系のスウェットではあるあるだと思いますが、着丈がある分、あまり気にはなりません。

肩周りに比べて、他の余裕があります。

これは僕の体型によるところかなと思います。

Mサイズ(38-40)

実寸は身幅50.5cm、着丈64cmです。

こちらは体重が2~3キロ軽い時に購入して、タイトめのジャストでした。今では肩回りが窮屈で肩が凝ります。

ラグランですが、肩回りがパンパンです。

Mサイズの方が、アメカジらしい着丈に見えますね。

僕なりのサイズ選び

まずこのスウェットは1枚で見栄えがするタイプのものではなく、1枚でもそこそこ見栄えがして、インナーに使い易いのが特徴だと思います。

タイト目な造りなので着ぶくれしませんし、細身のコートなどでももたつくことがなく、着用できます。

華奢な方は良いですが、普通体型の人であれば1サイズアップが良いと思います。

ネイビーを着用したLサイズで少し着丈が長く見えるかもしれませんが、少し動けば裾がダブつくので実際には長く見えないと思います。

僕は通常M~Lのサイズを選びますが、次にこのスウェットを買うならXLを選びます。

この造りなら幅がダブつくことはほとんどないでしょうし、気丈が長い分は最悪乾燥機で調整しようかなと思います。

 

ダブルワークス DOUBLE WORKS スウェット
created by Rinker