WARE HOUSE(ウエアハウス)Blue&Grey Lee boysモデル vol.01

ウエアハウスがLEEのボーイズモデルをモチーフに作ったジーンズです。

大人向けのサイズジングで再構築したものなので、もちろん純粋なレプリカではありません。オリジナルにどこまで忠実なのか分かりませんが、見所の多いジーンズではあります。

ウエアハウス LEE 色落ち

ウエアハウス B&G ブルーグレー

パーツもり沢山なヒップが喧しくも感じますが、メリハリが付きづらいLEEモデルにおいては、これがアクセントになって気にいっています。

パーツは多いけど、それぞれがシンプルなところがいいですね。

穿き込み期間

あまり穿きこんでいない状態で中古品を購入し、月に1回ほど4~5年に渡って着用していました。

そこから数年間寝かしていましたが、タックインでこのパーツを見せたくなり、再度穿き込み始めたところです。

洗濯頻度

穿き込みを再開してからは、3回穿いたら1度洗っています。ウエストのサイズが大きいこともあり、乾燥機も数回掛けました。

生地の特徴

LEEモデルなので左綾織りはもちろんなのですが、一般的なLEEモデルと比べると凹凸感は強く、リーバイスモデルとリーモデルの間ぐらいの生地感です。

LEEモデルの最大の課題である耳のアタリは、まずまず。でもLEEっぽくはないですね。

縦落ちは線で落ちているので、ここはLEEっぽいです。

パーツ

ウエアハウスのWをモチーフにしたトップボタン。

レザーパッチもW推し。柔らかいレザーの質感は好印象です。

LEEをモチーフに今はなき「BLUE&GREY(ブルー&グレー)」ブランドのラベル。

耳はリーバイスモデルと同じっぽいです。

シルエット

174cm 65kg 32インチを穿いて腰周りは結構ゆとりがあります。2インチアップのサイズ感です。

ただ股上はやや浅めなので、ウエストジャストで合わせると、ややローライズ気味になりそうです。

ウエアハウス LEE シルエット

撮影時のスニーカーをミスチョイスしてしまいましたね。ジャストサイズではないのきれいなシルエットは出ていません。

こちらもそうですね。サイズアップによるもたつきがあります。

ただ「あのジーンズどこのだろう?」という存在感があるのは、やはりいいですね。

気になるのはサイズ感。この点は乾燥機で解消を目指すとして、薄いブルーになるまで穿き込んでみたいと思います。