シルバーストーン(グランドオールズ)XX ジーンズの色落ち記録 1年 vol.01

ほとんど色落ちしていない中古品を購入し、2019年初頭に今年はこれを穿くと宣言してしまいましたが、生地の厚さに負けてあまり穿き込めなかった1本。

シルバーストーン(グランドオールズ)のXXモデル(?)です。

シルバーストーン ジーンズ

シルバーストーン ジーンズ 色落ち

とにかく太いシルエットなので、裾は2cmほど絞って20.5cmぐらいにしています。

とはいえ、1~2インチアップのサイズなので、シュッとしたシルエットが出ないですね。

乾燥機にかけてサイズダウンを狙ったのですが、1インチ分も縮まないので外出時の出番も多くできませんでした。

シルバーストーン or グランドオールズ

BLACK ANNY JEANSとのコラボ企画のようですが、シルバーストーンなのかグランドオールズなのか不明です。

シルバーストーンブランドのジーンズも、BOONなどの裏表紙で通販されていた廉価版とレギュラー版と2つあり、耳の色を見る限り廉価版ではないようです。

一方グランドオールズのフラッグシップモデルは染めが青いとのことなので、このドス黒い染めを見る限り、そのモデルとも違うっぽいです。

ただWEB上に上がっているグランドオールズの大戦モデルと比べると色の差が分かりません。

とはいえ、ジーンズの写真の色合いは如何ようにも見えるので何とも言えないです。

穿き込み期間

中古購入後、週1回タイで約1年穿きました。またストレッチや筋トレ中に穿いていたので、穿き込み時間の割に色落ちする状況でした。

洗濯頻度

3回穿いたら洗濯。5回ほど乾燥機にかけています。

生地の特徴

グランドオールズ ジーンズ

ボテっとして柔らかい生地です。オンスは14.5オンスぐらいありそうです。染めはかなり濃いめで、黒っぽくも見えますね。

グランドオールズ ジーンズ 色落ち

 

ただしアタリがある部分の色は鮮やかなブルーです。

耳のアタリは理想的な線路型ですね。柔らかい生地なのによくこんなアタリが出るもんだなーと感心します。

シルエット

シルバーストーン、グランドオールズともに土管シルエットで知られていますが、このコラボ企画のジーンズも同じです。

わたりの太さやヒップの大きさもそうなのですが、腰周りというか股上周りのサイズが大きいですね。

裾を絞って今っぽいシルエットを狙ってみたのですが、バギータイプのシルエットの裾を絞るだけではきれいなシルエットが出ませんでした。

パーツ

トップボタンはシルバーストーン。但し、グランドオールズもシルバーストーンブランドのパーツを使っているので、これでブランドの判別はできません。

赤タブにブランド名表記はなしです。

アーキュエイトは中のクロスがないタイプです。

リベットもシルバーストーンブランドです。

シルエット

174cm 65kgで 32インチを着用。ウエストは元々2インチ大きかったのですが、乾燥機を10回ほどかけて、ウエストは0.5インチほど縮んでいます。

シルバーストーン シルエット

腰周りが大きいのでルーズな雰囲気です。裾は2cm補足しているので辛うじてそれなりのシルエットに収まっています。

横から見るとボンタンですね。生地が柔らかいので余った生地がたるんでしまいます。

奇跡的に後ろ姿はきれいです。たわみはあるものの、ストンと落ちるシルエットで悪くないですね。

感想

色落ちが手強いという情報は見ていましたが、色落ちしないというより、元々の染めが濃いといった方がいいですかね。

穿いているだけ確実に色落ちは進んでいます。サイズ感が大きいのでアタリも出づらいですが、乾燥機での色落ちと筋トレのお供として、たっぷり汗を吸わせて育てていきたいと思います。