ニューバランス サイズ感 – アメリカ直輸入&ノンネイティブ別注

もはや不動の人気のニューバランス(New Balance)。人と被ることが多いのであまり履かないようにしていますが、この心地良さは他に代えられません。

ルックスや履き心地についてあれこれ語るのも難しいので、ここではサイズ感を紹介します。

ただし日本正規の製品だけではなく、「MADE IN USA」、「アメリカ直輸入版」、「別注のトレイルシューズ」など、サイズ感が不安になる規格違いのモデルを主に紹介したいと思います。

ニューバランスのサイズ感

ニューバランス 998 サイズ感

「996、998、1500、ノンネイティブ2020年別注」のサイズを紹介します。

僕が履く他ブランドのサイズ

NIKE コルテッツ 28.0cm / Moonstar 27.5cm / ジャックパーセル 28.0cm / アシックスのランニング 28.0cm / VANS 28.0cm / Croket&Jones UK8 / RedWing US9

紐を絞って履くために敢えてオーバーサイズを選択したりしますが、上記がジャストサイズ。
ニューバランスは28.0cmで気持ち大きく、27.5cmだと気持ち小さいです。

日本の正規版

ニューバランス サイズ感

・ニューバランス 996 Dワイズ 28.0cm

似たところで998と比較すると気持ち横幅が狭く、ちょうど良いサイズ感です。

ニューバランス ノンネイティブ 別注

・ノンネイティブ2020年別注のトレイル Dワイズ 28.0cm

トレイル用ということもあり、Dワイズながら幅が大きめです。

厚手のソックスを履いても、少し紐を絞りたいサイズ感です。トレイルとして履くなら-0.5cmがジャストサイズだと思います。

 

アメリカ製 直輸入

・ニューバランス 998  Dワイズ 28.0cm

縦横共に、気持ち大きいサイズ感です。ただ-0.5cmすると、恐らくつま先が少し当たりそうです。

厚手のソックスを履いてちょうど良いサイズですね。

・ニューバランス 1500 Dワイズ 27.5cm

縦横共に少しきつく感じます。今回紹介した中では最初に購入したモデルなので、ここでニューバランスのサイズ感を知りました。

薄手のソックスならジャストサイズですが、1500がレザーモデルということもあり、つま先の当たりが気になりました。

直輸入だとUS規格でワイズが小さいと思っていたのですが、同じDワイズで差はないように思います。

ニューバランス 998

折角写真を撮ったので、ほぼフォトギャラリーでお送りします。

ニューバランスのグレーがカッコいい特徴としては、スウェードの質感。キメが細かくて柔らかい質感が上品です。

998は「MADE IN USA」。レザーの質感も良く、シボっぽい型押しがアクセントになっていいですね。

ソールは高さがあり、クラシックな見た目ながらクッション性は抜群。

かかとの高さがありつつ、安定したホールド感と履き心地が全て良いのがニューバランスマジック。

ニューバランス ノンネイティブ別注

2020年の冬に衝動的に買った別注モデル。

ゴアテックスを使用した防水仕様。トレイル用にソールもかなり厚めです。

強度を高めるために張られたラバーが良い味出しています。

ソールはビブラム製。

ビブラム製といってもアウトドア仕様の硬いものではなく、スニーカーと同じような質感です。

上から見ると結構幅があります(Dワイズですが)。

といっても履き心地はスニーカーと変わらず良く、競技用のソックスを穿いても十分なサイズ感です。

 

関連記事

近年ファッションブランドやセレクトショップとのコラボアイテムも増え、日本を代表するスニーカーブランドであるムーンスター(Moon Star)。ここではムーンスターのサイズ感や耐久性、ヴァルカナイズド製法の利点など、4足のムーンスター[…]

ムーンスター サイズ感