旅を共にした激色落ち ペインターパンツ

バックパッカー旅を共にしたジョンブル(Johnbull)のペインターパンツです。

酷使していたせいもあり、生地はペラペラで、日光に当てない状態だと色はもっと薄いです。

ジョンブル ペインター 色落ち

ジョンブル ペインター 色落ち

ジョンブル ペインターデニムの生地・色落ち

リプロダクトのブランドとしては中途半端な位置づけで、90年代は中古加工に定評があったジョンブル。

ウエアハウスと比べると生地はフラットで、柔らかいです。価格も14,800円とそれなりの物なので、LEEなどのレギュラーデニムと比べると作りこみを感じます。

乾燥機はかけていませんが、強烈な日差しの天候で天日干しをしていたせいか、パッカリングがすごいです。

控えめながらきっちり縦落ちしています。

パーツ

トップボタンは黒塗りの草冠模様。大戦仕様っぽいですが、ペインターにもこういうモデルがあったのでしょうか。

ジッパーはユニバーサル製を使用。

止めのステッチが赤色。このペインターではアクセントに赤色のステッチが使われています。

シンプルな布パッチ。

バックパックを背負っていたせいか、ハンマーループの付け根がすごいコントラストで色落ちしています。

ポケット側のループもすごいです。2年穿いて11年経っていますが、ビンテージ感があります。

ポケットのパッカリングが凄いです。どうやったらこうなるんでしょう?

旅中はエアコンも効いていない長距離バスに乗ることが多いので、汗の影響でしょうか。

このデニムの一番好きなカットです。

シルエットとサイズ感

174cm 65kgでサイズMを着用。購入当初はそこそこ余裕があったのですが、今では結構タイトです。

裾が少しフレアしているので、裾を処理しなくても収まりがいいですね。

ペインターとしてはかなり細身のシルエットです。

後姿もシュッとしています。

感想

デニムの完成度としては上がたくさんと思いますが、改めて穿き込む環境の影響がよく分かります。

これと同じように色落ちさせろと言われても、穿き込み方が全く分かりません。

ビンテージのよう色落ちさせるには、やっぱり汗とホコリ、そして湿った状態で長時間穿き続けるのがポイントなんだろーなと思いました。