イルビゾンテ(IL BISONTE)財布 – 18年後の経年変化

23歳の誕生日に当時の彼女からもらい、その後18年に渡り使い続けたイルビゾンテの財布。

もう経年変化や味を超えている状態だったのですが、愛着から手放せず、最終的にはボタン錆の腐食で、レザーが破れるまで使いました。

イルビゾンテとは

「イルビゾンテ(IL BISONTE)」は、1970年イタリア・フィレンツェで、職人ワニー・ディ・フィリッポ氏が創業した革製品のブランド。ハンドメイドで丁寧に仕上げられた革製品は、使えば使うほど色が深く柔らかくなり、自分になじんでいく過程が楽しめる。
イタリアンレザーが特徴で、ホワイトハウスコックスなどのブライドルレザーと比べると、ほっこりした質感が楽しめます。
スーツスタイルなどとの相性は悪いですが、カジュアルなスタイルや質感を求めるならビゾンテは最高のレザーブランドだと思います。

18年後の経年変化 素晴らしい味

イルビゾンテ 経年変化 財布

レザーの表皮が剥がれてボロボロですが、良い表情していると思います。

同じモデルは現在取り扱いがないですが、元々はこんな状態でした。

ビゾンテのマークも消えかかっています。

ボタンも摩耗ですり減って、錆が出ていますね。

レザーも擦り減って、オイルを塗っても革が甦らない状態です。

イルビゾンテ 経年変化 味 財布

表から見るとこの状態。黒っぽくなっているのは、カード類を入れていた箇所です。

ビゾンテの財布を使い続けた感想

10年ぐらい経った頃から、いろんな人に「買い換えたら?」と突っ込まれていました。でも中々手放せないというか、次の財布が欲しいと思うこともありませんでした。

柔らかさがありつつも、表情があるしっかりとした造り。オイルが馴染んだレザーを見ていると不満がなかったんですよね。

「これで十分でしょ」。人から突っ込まれた時にいつもそう思える財布でした。

created by Rinker
IL BISONTE(イルビゾンテ)
¥27,000(2021/06/23 18:09:41時点 Amazon調べ-詳細)