エヴィスジーンズ 色落ち – オールドEVISのオーラ

タックインが当たり前になってきた今、エヴィスジーンズ穿いたらカッコ良さそう。

しかもペンキがくすんで、色が緑っぽかった90年代のエヴィスならビンテージ感もあっていい感じにはまりそう。

エヴィスジーンズ 色落ち

ということで、入手したのがこちら。

ペンキがもう少し細くて擦れていたら最高だったのですが、サイズが合ってコンディションが良いものだと中々難しいですね。とはいえ、理想に近い雰囲気の1本だと思います。

ヒゲなどは特に必要ないので、これぐらいの色落ちで十分。

エヴィスジーンズの特徴

レプリカジーンズブームの4大ブランドには入るブランドだと思いますが、方向性は徐々にデザイナーズ系に進んだこともあり、現在進行形でエヴィスジーンズを追いかけている人はほとんどいないと思います。

中国での生産を積極的に行い、色落ち面などは当時から変化がないので、私もそのひとり。

ただシルエットは一番良いブランドだと思っていました。90年代に発売されていたスタイルブックにはかなり影響を受けましたからね。

なのでいつか穿いてみたいと思いつつ、色落ち面とヘビーオンス(特にNO.1デニム)がネックとなり避けてきましたが、今ならありかなと思い購入に至りました。

エヴィスジーンズ(No2)の生地

エヴィスジーンズ 経年変化

生地は硬くてあまり凹凸はないです。14.5オンスだったと思ったのですが、穿いた感じは15オンスはありそうな感触です。

意外と縦落ちは入ります。

雰囲気は悪くないですね。

No.2デニムは耳がフラットなので、全然出ません。90年代前半のレプリカって感じですね。

とはいえ、こういった部分の色落ちは独特のオーラがあります。

ペンキの雰囲気もよく、トータル的にエヴィスジーンズ独自のオーラはこの年代ならではの賜物。

エヴィスジーンズのパーツ

今のエヴィスがどうなのか知らないのですが、前身のブランドである「スタイル クラフト」名義のトップボタン。

リベットも同じく「スタイル クラフト」オリジナル。

トップボタンはゴールドのスコービル製。

スレーキもスコービル。他のリプロダクトブランドでもスコービル製は多いですが、パーツがごつくて質感が異なります。

EVIS時代の赤タブ。今は「EVISU」ですよね。

ペンキのアップ。

懐かしのパッチですよね。

90年代エヴィスの感想

腰の外側がラウンドを描くエヴィスならではシルエットは想像通り。でしたが、現行モデルよりワーク感が強い感じな気がします。

とはいえ、やっぱりエヴィスジーンズのシルエットは秀逸だと思います。

生地の雰囲気もエヴィス独特で、ビンテージのリーバイスとはまったく異なりますが、90年代のエヴィスの雰囲気は唯一無二なものだと思います。

ただ唯一の誤算が生地の厚み。数値上のオンスも、今のNO.2デニムが14.5オンスなので同じかなとは思うのですが穿いた感じは15オンス以上のように感じます。

タイ在住の私としては、完全に無理な領域。ということで、無期限でお蔵入りとなりましたが、現行モデルがオンス通りの穿き心地なら1本購入してもいいいなと思いました。(やっぱりシルエットの魅力があります)